小池匠一覧

2月12日早朝のパゴダにお参りにした際に友人がなくした携帯が出てきました。

2月12日早朝のパゴダにお参りにした際にタクシーに乗りました。ホテルに着いた後で友人が携帯電話が無いのに気づきました。多分タクシーの中に忘れたとのことでした。彼は慌ててホテルのロビーに行きました。するとタクシーの運転手がホテルのロビーに届けてくれました。私はこの人に多めのチップを渡しました。 月収が2万円ほどの国で携帯が出てくることは稀です。友人はタイ、日本でも2回携帯電話をなくしていますが出てこなかったそうです。この日友人は感動していました。 ミャンマーは小乗仏教の国です。こういう正直な人が多く、まじめでよく働きます。アジアの中で断トツ私はミャンマーが好きです。 長い海岸線を持ち人口が5000万人以上いるミャンマーは10年後タイと同じくらい発展していると思います。

1月24日東京リベラルアーツ座談会の講師は元WBC世界ライトフライ級王者木村悠氏!

1月24日東京リベラルアーツ座談会の講師は元WBC世界ライトフライ級王者木村悠氏! 演題は<<<働きながら世界チャンピオン 仕事とボクシングの二刀流>>>でした。 私の知る限り2足のわらじでトップに立ったアスリートを知りません。またセカンドキャリアで成功するアスリートが少ない中、彼はうまくセカンドキャリアを成功させています。その点でも木村悠氏は異色です。

12月22日アジア支援機構機構代表の池間哲郎先生の講演を聞いてきました。

12月22日アジア支援機構機構代表の池間哲郎先生の講演を聞いてきました。ここまでやるのは本当に大変だと思います。池間先生のような方がいらっしゃるのでアジアでの日本人に対する印象がいいように思います。  懇親会は南平台の瓢六亭でひつまぶしとおいしいお酒とおつまみでした。なぜか講演会費もなく、懇親会費も招待した実業家が払ってくれました。ごちそうさまでした。

12月22日星槎大学副学長の細田満和子先生から著書『パブリックヘルス、市民が変える医療社会』をいただきました。

12月22日星槎大学副学長の細田満和子先生から著書『パブリックヘルス、市民が変える医療社会』をいただきました。  オバマ大統領のヘルスケア改革法の法案が通った日、私はウエストバージニアの教員の家庭にホームステイさせてもらっていました。テレビのニュースではどのチャンネルもオバマは共産主義者だとニュースキャスターが熱弁をふるっていました。また半分以上の州政府が連邦政府を訴えるという事態になっていました。私はオバマケアはアメリカの国民にとっていい法案だと思っていたので何でこんな報道になっているのか疑問でした。そこでアメリカの教員に何でこんなに反対するのか聞いてみました。すると彼は「アメリカという国は自由の国なんだ、国民からお金を巻き上げて貧しい人に分配することは共産主義者のすることだ」と話していました。  今回いただいた先生の書かれた著書『パブリックヘルス、市民が変える医療社会』は私の疑問に答えてくれる教科書かもしれません。本日から読み始めます。

12月12日、恵比寿福笑い、今期でヤクルトスワローズを退団した、ヤクルトスワローズ久古健太郎投手とささやかな退団のお祝い!

12月12日、恵比寿福笑い、今期でヤクルトスワローズを退団した、ヤクルトスワローズ久古健太郎投手とささやかな退団のお祝い!彼とは青山学院で同級生でした。彼はスポーツ推薦で、私は臨床心理士を目指して心理学の単位を取るために入学しました。最初に会った時から14年くらいたったかと思います。  大学卒業時はドラフトにかからず社会人野球で活躍し3年目にヤクルトスワローズのドラフト5位でヤクルトに入団。プロにしては恵まれない体でよく頑張ったと思います。

12月7日武蔵新城和福亭で草の根歯科研究会の忘年会!

12月7日草の根歯科研究会の忘年会の時に、出版社、梨の木舎の羽田ゆみこ編集長よりミャンマー子供教育サポートに1万円のご寄付をいただきました。ご協力ありがとうございました。  羽田ゆみこ氏は水道橋にあめにてぃCAFÉ梨の木舎の経営もしています。本屋とカフェが融合した喫茶店ここ落ち着けます。お近くにいらした際にはぜひ立ち寄ってみてください。  元慶応大学教授有末賢先生も同席していただきました。社会学がご専門の有末先生の分析と話はとても面白いと思いました。