8月14日、医師元外務省医務官僚の黒須良玄先生と武蔵新城きみ松でランチミーティング!

8月14日、医師元外務省医務官僚の黒須良玄先生と武蔵新城きみ松でランチミーティング!数年前タンザニア大使館に勤務していた時にダルエスサラームのご自宅でごちそうになりました。

黒須先生私の理想とする生き方をしています。40歳の時に流行っていたベット数200床の病院を整理し外務省で医務官としてアフリカを中心に赴任します。現在は五島列島人口300人の久賀島で医師として働いています。

黒須先生は心が自由で世界中どこでも楽しく生きられる方だと思います。

第一章シュタイナーと歯科医療総論  第三節 歯

第三節 歯 歯は存在時期にしたがって乳歯と永久歯とに区別され、乳歯は上下顎で各10本計20本永久歯は上下顎で各16本計32本ある。知歯を除けば28本である。 エナメル質は無機質からできている。つまり人間の一部は鉱物からできている。人体が鉱物を作り出す。不思議な現象である。 <歯を貫いている部分は素晴らしいシダに似た姿を示し、根と冠をもっています。つまり純粋な植物表現を持っているのです。(L.F.C.メース、2000、136頁)>歯の萌出は植物の芽が出てくる様子に似ている。噛む面にはシダ様の模様が描かれ、その根は顎の中に張り巡らされた植物の根のようでもある。

7月30日本日のお昼ご飯は武蔵新城仙龍の冷やし中華!昭和の味でおいしい!まじめに料理を作る昔ながらの中華料理屋!

7月30日本日のお昼ご飯は武蔵新城仙龍の冷やし中華!昭和の味でおいしい!まじめに料理を作る昔ながらの中華料理屋!店主は汚い店だというが、店はきれいに清掃が行き届いている。店が古いのと清潔感は違う、私はとても清潔だと思う。むしろ新しくしないでそのままにしてほしいと思う。

シュタイナーと歯科医療総論 第二節 EBM(エビデンスベースドメディスン)とNBM(ナラティブベースドメディスン)

シュタイナーと歯科医療総論 第二節 EBM(エビデンスベースドメディスン)とNBM(ナラティブベースドメディスン) 虫歯は虫歯だけで存在するのではなく、それらは当然のことながら人体に付随している。それぞれの虫歯の成因にはナラティブ(物語) がある。EBMも大切だが歯科医療においてはNBMがさらに重要だと私は考えている。